指導力のない社員

こんにちは、ミュウです。

以前の記事でも書いた旧統一教会についてですが、政治家との関与が次々と明らかになっています。
特に自民党議員との関係が大きく扱われて追及を受けていますが、自民党議員の多くは明確な説明なく誤魔化し、逃げ回るばかり。
選挙での支援を受けていたり、旧統一教会に深い関与をほのめかすかのようなメッセージを送っていたりという関係が、政治家本人の口からではなくマスコミによって明らかにされています。
憲法には政教分離(政治と宗教を分離する)がありますが、この旧統一教会との関係がこれに違反する、やましいことをやっているという認識があるからこそ、このように明確な説明をせずに逃げ回っているのでしょう。
やましいことがないというのであれば、きちんと説明するべきでしょう。
説明できないのであれば即刻政治家を辞めていただきたいです。

そして、政教分離については、公明党も以前から支持母体である創価学会との関係が政教分離に違反するのではないかということが言われていましたし(政教分離に違反していないという見解の方が多いようですが)、今回の旧統一教会の問題を受けた政治と宗教の関わりについて、公明党の山口那津男代表は言葉を濁したとされています。
また、ここぞとばかりに野党は追及を強めて与党批判をしているようですが、野党議員からも旧統一教会と関わりを持つ政治家がいることがわかってきています。
以前から「ブーメラン」と言われてきたように、与党の不祥事を徹底的に批判しておきながら、実は野党でも同じようなことをやっていて、身内に対しては大した批判をせずに火消しに躍起になる姿が容易に想像できます。
「説明できないのであれば即刻政治家を辞めていただきたい」というのは、自民党だけでなく全政治家に言えることです。

さて、前置きが長くなりましたが、今回は前回の記事を踏まえてのものになります。
前回の記事では、ある個人経営の学習塾で行われている金儲け目当てと思われる犯罪行為と共に、教室長の指導力について書きました。
私の言う「指導力」とは、どれだけ成績を上げられるかではなく、教育者としてどれだけ子どもたちに正しい教育を提供できるかを表していると考えていただけると良いでしょう。
駐車禁止地帯への駐車や路上駐輪を放置し、塾に依存させて自立できなくするような教室長には、私は教育者としての指導力があるとは思えません。

これは大手学習塾でも同様で、どんなに実績を売りにしている大手学習塾であっても、指導している講師の指導力がとんでもなく低いということは珍しくありません。
大学生のアルバイト講師であれば単に経験不足であることも多いのですが、だからと言って、高い授業料を取っておきながら「経験不足なのであれば仕方ないですよね」で済まされて良いはずがありません。
それでも、人件費削減のために講師に余裕がない状態で運営するよう上層部から要求され、ブラックだと言われるほどの酷い労働環境から逃げるように講師は辞めていくことで、常に人手不足の状態である学習塾が多いですから、経験不足だろうが指導力に重大な問題があろうが、授業を実施することを最優先にして経験不足のアルバイト講師にも授業を担当させるものです。
どんなに「研修を行っている」などと言っていても、その研修ですらまともにせずに授業を担当させる学習塾も多いのです。



そして、私にはそれよりももっと問題だと思っていることがあります。
それは、アルバイト講師ではなく社員の指導力の欠如です。
アルバイトよりも重い責任を負い、アルバイト講師を育成する立場にある社員ですが、その社員の指導力に重大な問題がある学習塾が非常に多いのです。
もちろん、学習塾ごとに売りにできる社員はいるもので、そのような社員の授業は実績を出せるものだと思います。
しかし、そのような社員であっても教育的には酷い授業であることもありますし、その他の社員、各教室や校舎で働き、授業をしている平社員講師の指導力は更に酷いのです。

利益最優先である大手学習塾は、社員に営業力を求めます。
包み隠さずに言うと、どれだけ儲けを出せるかです。
上手い営業トークで生徒や保護者を良い気分にさせ、言いくるめて騙すことができれば、例え授業が下手であっても、入塾者は増えて退塾者は減り、利益率の高い講座を何の疑いもなく受講させることができます。
これが利益最優先の大手学習塾で社員として求められる力です。

しかし、ブラック企業が多い教育業界において、優秀な人材はそう多くはないものです。
自分で考えられない子どもたちが多くなっているということは以前の記事でも書きましたが、それは社会人でも言えることで、上層部に言われるがままに子どもたちに指示したり保護者に営業トークをしたりする社員が多く存在します。
これではただの「会社の操り人形」です。
上層部が決める学習塾の方針自体があまりにも酷いということも多いものですが、そのような「会社の操り人形」の社員は、上層部が決めた酷い方針どおりに、何のためにもならないようなことを平然と指示したり、ほとんど効果のないような講座を取らせようと必死に営業トークしたりするのです。

このような社員は、マニュアルどおりの指導や営業、まるで「台本」が用意されていて、その「台本」をただ読んでいるだけのような、心のない指導や営業しかできないことが多いです。
そのため、マニュアルにないことが起こると途端に支離滅裂なことをし始めます。
生徒からの突発的な質問に答えられなかったり、生徒や保護者から疑問に支離滅裂な回答しかできなかったりと、指導力のなさを露呈します。
そんな社員でも、通常はアルバイト講師の何倍もの給料を貰っています。
時にはアルバイトであっても優秀な講師はいるものですが、そんな優秀なアルバイト講師が安い給料で働き、そのアルバイトに頼りっきりで依存している無能な社員がアルバイトの何倍もの給料を貰っているということだってあります。
そのような理不尽な状態がまかり通っている学習塾業界は異常だと思います。

皆さんに知っていただきたいのは、学習塾の規模や実績とは関係なく、このような無能な社員は存在するということです。
学習塾に通っていない子どもたち、お子さんを通わせていない保護者の方は、このような無能な社員がいる学習塾を選ばないように気を付けてください。
既に学習塾に通っている子どもたち、お子さんを通わせている保護者の方は、通って(通わせて)いる学習塾にそのような無能な社員がいるか、どれだけ指導などに関わっているかを把握しておく必要があると思います。
そして、無能な社員がいる学習塾に通って(通わせて)いる場合、他に頼れる講師や従業員がいるならその人を頼り、頼れる人がいないならすぐにでも辞めることをお勧めします。



それでは今回はこれで失礼します。

ブログを読んで何か感想があれば、ぜひコメントにお書きください。
また、このブログが面白いなと思ったら、ぜひ他の方にもご紹介ください。
宜しくお願いします!



もし収入が少ない、ちょっとしたお小遣いが欲しいという方は、以前このブログでも紹介したポイントサイトを始めてはいかがでしょうか?
現金(銀行振込)や電子マネー、各種ポイントなどに交換でき、多少のお小遣いにはなります。
「自粛生活でネットゲームを始めたけど、少しだけ課金したい……」という方にもお勧めです。
以下のページで紹介していますし、そこにあるリンクから登録すればポイントが貰えるものもあります。
ネットショッピングをする人は、ポイントサイトを経由するだけでポイントが貰えるショップもあります。
とりあえず登録するだけして、続けたくなかったら即退会、あるいは最初の稼ぎやすい段階でポイントを交換したら退会ということもできるので、ぜひ気軽に始めてみてください。
ポイントサイト比較まとめ
スポンサードリンク

この記事へのコメント